CST・先端技術開発センター(公開株式会社)はロシアのイノベーション型エンジニアリング会社であり、炭化水素資源の探査・埋蔵区域境界線画定を目的とした遠隔地球観測を特化分野としている。当社の分析によって、地質調査コストが7~9倍削減され、地下資源開発権益区域やライセンス鉱区の開発ストラテジーの合理化が可能になる。そほかに当社の活動分野には光学・電子機器建設、技術上欠陥・異常を対象とした施設点検がある。

 

     取り扱うサービス

 当社は、遠隔地球観測サービス、ならびに技術施設の状況モニタリングを目的とした非破壊的な管理サービスを提供している。

 

 

想定機器建設

当社では、スペクトルの各領域における映像の作成のための光学・電子機器の開発・導入のサービスも提供している。その機器は、各種の施設の遠隔点検・モニタリングを実施し、地表スキャン、熱パノラマの作成に用いられる。当社で扱う全ての機器やシステムは自家開発のものである。

 
 
 
 
 
                        

 

 


 住所 101000 RUSSIA MOSCOW MALAYA LUBYANKA St., 8 電話.: +7 495 623-90-02, +7 495 623-88-65 (ファックス),
 

 e-mail: cpnt@cpnt.ru

 

 

 

 

 

 

 

     jp   
make start page